第20回公演TOPSY (トプシー)
〜シリーズ罪と罰 CASE4〜 罪と罰の狭間を見つめて


↑ = チラシ Click!(拡大)

いのち
だれのもの

1903年ニューヨーク州コニーアイランド
電流で殺処分された象トプシーの実話をもとにした物語



母と暮らす引きこもりの青年は、ある日、象になってしまった…。
象のトプシーは捕獲され、サーカスに売られる。日々の辛い調教の果てにトプシーは人間を殺してしまう。
この頃、直流電気の普及を推進していた発明家トーマス・エジソンは、かつての部下、天才ニコラ・テスラが開発した交流電気の危険性を訴え、2人の対立は、動物実験を公開する“電流戦争”に発展していた。
「人殺し象」の評判がたったトプシーはサーカスから遊園地ルナパークに引き渡されるが、そこでも「危険な邪魔者」として、結局興行師によって殺処分が検討される。動物虐待防止協会との話し合いもむなしく、トプシーは“電流戦争”の犠牲者となることが決まってしまう。
しかし、ものがたりはここから意外な方向へと進む…。
20世紀初頭、人類の技術革新と歓楽への欲望、文明の光と闇の狭間に葬られた一つの儚い命の悲劇をファンタジカルな装いで描く。





2017年6月28日(水)〜 7月2日(日)
シアターグリーン BOX in BOX THEATER



●出演
上杉陽一(演劇集団円)/森岡正次郎(フリー)
原田翔平(演劇集団円)/本田次布/一川靖司/宮川知久
内田龍磨/磯貝誠/森源次郎/木村万里/吉岡健二
茜部真弓/須藤沙耶/五十嵐弘/山田健太/奧野雅俊

●スタッフ
・・・・・・・・・・ 竹本 穣
演出 ・・・・・・・・・・ 冨士川正美
美術 ・・・・・・・・・・ 佐々波雅子
衣装 ・・・・・・・・・・ 加納豊美
音楽 ・・・・・・・・・・ 日高哲英
振付 ・・・・・・・・・・ 茜部真弓
照明 ・・・・・・・・・・ 石島奈津子(東京舞台照明)
音響 ・・・・・・・・・・ 木内 拓(音映)
舞台監督 ・・・・・・・・・・ 大島健司
演出助手 ・・・・・・・・・・ 村上如水
制作 ・・・・・・・・・・ 千葉綾乃
企画・統括 ・・・・・・・・・・ 林 次樹



【前売開始 2017年5月10日(水)】

携帯からの予約はこちらをクリック!


<料金>全席指定席 前売・当日共 一般 5,000円
  シニア割[65歳以上]・学生割 4,000円/最前列座布団席 2,500円均一

*開場は開演の30分前
*未就学児入場不可
*シニア割・学生割はPカンパニーのみで予約を承ります。
  観劇日当日、年齢、学生が確認できるものをお持ちください。
*ご連絡なしに開演時間までにいらっしゃらない場合、ご予約を解除させていただくことが
   ございます。


◆お問合せ
 
  ◎Pカンパニー
     ・TEL    03-6808-5306(平日10:00〜18:00)
 
  ◎ Confetti [カンフェティ]
     ・オンラインチケット予約   →
     

     ▼ご予約後、予約有効期間内にセブン-イレブン店頭レジにて
        チケットをお受け取りください。
      ※クレジットカード決済を選択された場合、お申込み4日後より発券
        可能となります。           WEB予約 http://confetti-web.com/
    ▽ご予約前に、お得な公演チケットサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)
        が必要となります。
      電話予約 カンフェティチケットセンター
        0120-240-540(受付時間 平日10:00〜18: 00)
     ・携帯版予約フォーム