「株式会社Pカンパニー」は、
演劇文化の発信基地を目指します。

「株式会社Pカンパニー」は、2008年6月24日に設立しました。
ITがすべてを支配しているかのような今の時代だからこそ、特定の時間に、特定の場所でしか体験できない演劇というジャンルの意義を改めて検証し、ミニコミとしての演劇的文化の可能性を探るべく、この小さな演劇集団を起動させてみることにしました。多難な道を歩むことは承知ですが、常に今の世界と時代を見据えて、演劇に取り組んでいく覚悟です。そして、「Pカンパニーにしか創れない新鮮な演劇」を目指し、現代の混迷した演劇界に、小さくても輝きのある一石を投じる集団でありたいと願っています。

「P」はplayのP。でも、本当はplay・performance・produce・progressive・professional・prime・popular・pure・passion・protest・peace・・・メンバーがそれぞれに描く「P」の集合が「Pカンパニー」です。

株式会社Pカンパニーの業務内容を定款には次のように掲げました。
1.演劇の企画、製作及び運営
2.所属俳優の育成及びマネージメント
3.演出家及び舞台監督等の所属スタッフの育成及びマネージメント
4.演劇に関する貸し稽古場の管理及び運営
5.演劇に関する講習会及び教室の企画及び運営
6.前各号に附帯または関連する一切の業務

些か大上段に構えすぎの感は否めませんが、要するに「演劇にかかわることなら何でもやります」という決意と思っていただければよろしいかと…。 株式会社とは申しましても、小さな小さな会社です。しかし、このPカンパニーという演劇チームには、連盟という形で数人の俳優とスタッフが参加してくれました。このチームメイトは、多くが演劇プロダクション木山事務所に所属していた苦楽を共にした仲間たちです。そして、陰になり日向になり協力し、応援してくださるサポーターもたくさんいます。会社は小さくとも、そうした人たちとの「輪と和と話」を大切に、今の時代に「演劇に何が出来るのか」という答えのない大命題に挑んでみようという思いで、Pカンパニーはスタート致しました。
そうした志や決意を、少しでも形にし、継続させるために「Pカンパニーが目指す演劇の企画制作と、その舞台成果の成長と充実」「所属俳優・スタッフの様々な仕事のマネージメント」「貸し稽古場」『西池袋・スタジオP』の活気ある運営」の3つを当面の主な業務目標とし、精進を重ねて参る所存です。 どの業務も、どのメンバーも誠心誠意、心をこめた仕事をさせていただくことだけは、間違いありません。何とぞ、ご支援いただけますようお願い申し上げます。



- Pカンパニー連名 -

《俳優部》
本田次布 林次樹 水野ゆふ 一川靖司 宮川知久 内田龍磨 
磯貝誠 森源次郎 菊池章友 木村万里 吉岡健二 千葉綾乃
木村愛子 長谷川 敦央 茜部真弓 横幕和美 須藤沙耶

《演出部》
木島恭 小笠原響 大島健司 冨士川正美

《賛助協力》
別役実 福田善之 堤春恵 末木利文 石井みつる 荒木眞人

 

2008年7月吉日

株式会社Pカンパニー 代表 林 次樹